記事一覧

1026年1月終わり 屋敷にて

双子と燦太0
双子と燦太1

















双子と燦太2
双子と燦太3
双子と燦太4
双子と燦太5
双子と燦太6
双子と燦太7
双子と燦太7の5
双子と燦太8
双子と燦太9の5
双子と燦太10





約一年前椎ちゃんが倒された時の妄想漫画と関連してますので、よかったらそちらもご覧ください

人間には想像力という共感性があるんですけれど想像は想像でしかなくて、実際自分が体験してみて「あぁあの人もあの時こういう気持ちになったんだろうか」って初めて体感的に思うことってままあると思うんですけれど、それは双子であろうと別個体である以上当然起こりえるだろうなと思って描きました
お互い「自分だけ相手に置いていかれてしまう」って言わずに思っていたことが、お互いずっと一年間丸々ずっと同じだったってわかったら笑っちゃうよね

しかし双子のいい話で終わらないところが私の性癖というかなんというか 燦太君マジ……がんばってほしい…………

双子と燦太オマケ

頑張ってほしいけれど……あんまり大丈夫じゃないかもしれないな…………(他人事


コメント

コメントの投稿

非公開コメント